登米市、栗原市、大崎市、石巻市等その近隣で適正価格で桧や本物素材を使った自然素材の住宅やデザイン住宅を提供している工務店です。

家づくり無料相談はコチラまで

yuyuhome2009@gmail.com

0120-216-210

悠々ホームの優れた構造と安心設計

悠々ホームの注文住宅は耐震性や耐久性に自信があります。

家族が幸せに暮らす家だから安心して生活出来るよう、細かいところまでこだわり抜きました。

安心その1 頑丈で丈夫な高耐久ベタ基礎

強固なベタ基礎が標準装備です。

第3者機関による配筋検査を実施。見えなくなってしまうところにも気を配っています。

基礎の配筋写真

画像をクリックすると拡大します。

ベタ基礎完了写真

画像をクリックすると拡大します。

安心その2 耐久性に優れたヒノキの土台と大引と柱

天然のヒノキの土台と柱は天然成分ヒノキチオールが害虫を寄せつけず、腐朽菌にも強く耐久性に優れています。奈良県の法隆寺などにも使われ1,000年以上も建物を支えています。1m以内の格子状に組み上げられ、強度も抜群です。

ヒノキの土台と大引の施工写真
井桁格子に組まれています。

画像をクリックすると拡大します。

ヒノキの柱の建て方の様子です。

画像をクリックすると拡大します。

ヒノキの柱です。

安心その3 全周通気の基礎パッキン工法

床下を乾燥状態に保ち木材を長持ちさせ、シロアリや害虫の食害を受けない快適な床下環境を維持する工法です。薬剤を使わず、全棟にシロアリ保証を発行します。

基礎パッキンロングの施工写真

基礎パッキンロングの上に土台を施工した写真

安心その4 ストロング剛床工法

地震や台風時の水平力に強い住まいを実現。

24mm厚の剛床は1階・2階とも標準装備。

2階の床の厚みはなんと3重構造の51.5mm(無垢の床材15mmを使用した場合)が標準です。

1階ヒノキの土台と大引と断熱材の施工写真
井桁格子に組まれています。

画像をクリックすると拡大します。

1階の土台の上にネダレス合板24mmを貼ってます。
ストロング剛床工法になります。

画像をクリックすると拡大します。

2階の床梁を井桁格子に組んでます。

画像をクリックすると拡大します。

2階の床梁の上にネダレス合板24mmを貼ってます。
ストロング剛床工法です。

画像をクリックすると拡大します。

安心その5 高精度プレカット部材

良質な乾燥した木材を、コンピューター管理された工場によりミリ単位で、高精度に加工しています。信頼性が高く、安心の構造体は耐震性や耐久性に優れています。

プレカットされた材料の搬入です。

画像をクリックすると拡大します。

1階土台敷きです。

画像をクリックすると拡大します。

1階部分の建て方終了

画像をクリックすると拡大します。

2階部分から屋根部分までの建て方終了

画像をクリックすると拡大します。

1日目で土台敷きと1階の床下の断熱材の施工、更にネダレス合板の施工を終わらせます。

2日目で1階の柱の建て方から始まって2階床のネダレス合板の施工、屋根の垂木の施工まで終わらせます。

高精度にプレカットされてるので建て方もとっても早いです。

安心その6 第三者機関検査の実施

国土交通大臣登録の住宅性能評価機関、株式会社ハウスジーメンによる第三者機関の検査を実施して瑕疵担保責任保険住宅となります。

ハウスジーメンによる基礎の鉄筋検査

画像をクリックすると拡大します。

ハウスジーメンによる構造金物検査

画像をクリックすると拡大します。

画像をクリックすると拡大します

ハウスジーメンに設計図書を提出し設計検査、ハウスジーメンの検査員による基礎の配筋検査、建物の構造金物検査の実施により合格した建物のみ保険証券が出ます。

10年間、構造上主要な部分の雨漏りなどがあった場合、万が一、悠々ホームが倒産したとしてもこの瑕疵保険を使って直すことが可能です。

安心その7 制振装置αダンパーEXⅡ標準仕様

地震エネルギーを吸収し、建物の変位を最高55%(平均30%)低減します。

耐震のみと比較して耐震+制震では、建物の変形を約1/2(震度7で1.5cm程度の変形)に抑えます。

繰り返される余震により幾度となく受ける地震からのダメージを常に少なくし建物を守り続けます。

 

αダンパーEXⅡを取付した現場

画像をクリックすると拡大します。

安心その8 耐力面材のハイベストウッドを標準採用

建物の外周全面に、地震の揺れに強く他の面材と比較して透湿抵抗が低く湿気をスムーズに排出するハイベストウッドを標準で装備。

住まいが丈夫で長持ち、家族の安全と健康を守り、笑顔で暮らすための耐震ボードです。

ハイベストウッドを施工直後の現場です。

画像をクリックすると拡大します。

ハイベストウッドを施工直後の現場です。

画像をクリックすると拡大します。
画像をクリックすると拡大します。

安心その9 高気密・高断熱性に優れた断熱材
        現場発泡ウレタン吹付断熱

現場発泡ウレタンの施工の様子

近年の地球環境の変化やエネルギーに関する問題意識の高まりなどから、住宅の高耐久化や省エネ化は重要な性能のひとつです。

また、「未来の子供たちのためにも環境を守りたい」との思いから、地球にも暮らす人にも優しい『現場発泡ウレタン断熱材』を悠々ホームの注文住宅では壁面と屋根面に標準採用しています。

ご家族でワンランク上の暮らしを実現できます。

水で発砲する断熱材

硬質ウレタンフォームの特性を生かして水を使って発泡させます。オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。

断熱性

現場発泡ウレタンは無数の超微細気泡の中に多量の空気を含んでいるため、他の断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮します。

気密性

住宅の躯体に直接吹き付けて発泡させる現場発泡ウレタンの工法は隙間なく一体化した断熱材構造で、優れた気密性を発揮します。

吸音性

柔軟性に富んだ現場発泡ウレタンは連続気泡構造で、一般的な独立気泡構造と比較し、吸音性に優れています。

長期安定で性能を発揮

住まいの大敵である壁体内結露を抑制する事により建物の耐久性を高め、優れた断熱性を維持させます。

現場発泡ウレタンの施工後

画像をクリックすると拡大します。

現場発泡ウレタンの施工後

画像をクリックすると拡大します。

安心その10 建物全体を遮熱する遮熱シート

室内へ侵入する赤外線量を低減させること、屋外へ暖めた温度を逃がさないことが、冷暖房に使用するエネルギーを抑制し、省エネルギーに貢献します。

遮熱シート施工後の現場写真

画面をクリックすると拡大

遮熱性

アルミ蒸着層を設けることで、より効果的な遮熱が可能。屋内の冷暖房効率が向上し、省エネルギーに貢献。

透湿性

壁体内の湿気を外に逃がして結露を防止。

防水性・防風性

外部からの水や風の侵入を防ぎ、断熱材の性能維持を保ちつつ、住宅の寿命を向上。

安心その11 樹脂サッシを標準採用

室内へ侵入する赤外線量を低減させること、屋外へ暖めた温度を逃がさないことが、冷暖房に使用するエネルギーを抑制し、省エネルギーに貢献します。

画面をクリックすると拡大

断熱性

高い断熱性能が、外気温・太陽光線などの影響を軽減。「冬暖かく」、「夏涼しい」という理想の環境をご提供します。

結露を抑える

アルミサッシに比べて樹脂サッシは外気温の影響を受けにくく、結露の発生を抑えます。樹脂はアルミに比べて約1000倍も熱が伝わりにくい特性があります。

光熱費を節約

アルミサッシに比べ樹脂サッシ(スマージュ)を使用した場合、1年間で支払う灯油代では49,840円の節約となります。

安心その12 メンテナンスフリーの屋根材

ディーズルーフィングディプロマットはジンカリウム鋼板にセラミックコートを施した自然石粒を表面に作られた屋根材です。メンテナンスフリーなので建てた後も家計に優しい屋根材です。

超軽量ならではの耐震性の高さ

▲阪神大震災級の耐震動実験
つくばでの実大振動実験結果屋根材にディーズルーフィングを使用し、屋根材にゆがみなどの変形はみられませんでた。

建築構造の頂点に位置する屋根はその素材の重量によって耐震性が大きく左右されます。

ディーズルーフィングディプロマットは1㎡あたり7kgという軽さ。

他メーカー屋根材と比べると、平板スレートの約1/3、瓦に対しては約1/7の軽さです。

また、軽量の屋根材は耐力壁や屋根材を軽減できるため、設計に自由度を創出することができます。

夏の暑さや雨音を和らげ、快適な暮らしを実現

表面石粒の効果により鋼板層への熱伝導値が低くなります。

屋根材と屋根下地との間に十分な空気層を確保できるため他の屋根材よりも小屋裏へ熱を伝えづらい構造になっています。

また、表面石粒の凸凹は雨粒を拡散させる効果があり、通常の平滑な表面に比べ雨粒が小さくあたります。表面自然石粒層によって雨粒があたった時の音を抑える事が可能になります。

優れた耐風性能と防水・防火性能

屋根同士を一体化させるインターロッキング工法を採用しているため、60m/sの暴風にも耐えられる性能のほか、防火性・防水性にも優れています。

耐久性の高い「ジンカリウム鋼板」を採用

画像をクリックすると拡大します。

ディーズルーフィングディプロマットは、錆に強いガルバリウム鋼板と同じ組成のジンカリウム鋼板を基材としています。

ジンカリウム鋼板は合金被膜鋼板として、通称”ガルバリウム鋼板”と呼ばれている高耐蝕性・耐熱性・熱反射性を併せ持つ鋼板と同じ組成の鋼板です。

ジンカリウム鋼板は、米国BHP社が米国ベスヘレム社との共同開発により、通称”ガルバリウム鋼板”の生産工程を改良し、さらに耐久性を持つジンカリウム鋼板(AZ150)は、亜鉛鉄板(Z27)との耐久比較において3~6倍耐久性が優れています。

30年保証で品質をサポート

保証書
画像をクリックすると拡大します。

基材に対する不燃、水漏れ等の保証期間として建築施工後30年間100%の補填と致します。

1:基材ジンカリウム鋼板のサビによる漏水

2:基材石粒の極度な褪色

3:基材石粒の極端な剥離

ディーズルーフィングディプロマット施工写真

ディプロマットのカフェを施工
画像をクリックすると拡大します。

ディプロマットのオニキスを施工
画像をクリックすると拡大します。

お電話でのご相談・お問合せ
0120-216-210

受付時間:8時〜17時(日・祝を除きます。)

資金計画からプラン作成、お見積りまで無料です。お気軽にご連絡ください。